難しくない!意外に簡単で手軽に出来る網戸の掃除方法について

網戸はなぜ汚れるのか?そしてなぜ掃除が必要なのかを解説

網戸は何気なく窓枠には必ずついているものです。しかし良く考えてみると、網戸という物はとても優れものであり、様々なものから私達を守ってくれている素晴らしアイテムだと気づかされます。網戸はとても多くの働きをしてくれているのです。

ただし、普段からこまめに掃除をするかといえばそうではありません。網目が細かい分、また外についているという事もあり、基本的に多くの方は年末や季節の変わり目に大掃除をする位ではないでしょうか?

網戸は、外からの様々な汚れが家に入り込むのを防いでくれます。その汚れとは花粉であったり、砂埃、虫や車の排気ガス等々多岐に渡ります。また、意外にも汚れの原因は家の中にもあります。

最近では、自宅でタバコを吸う方は減ってきたとは思いますが、自宅の室内でタバコを吸う方がいる場合には、タバコのヤニ等も網戸に付着する汚れの原因にもなります。この様に網戸には様々な汚れが付着しているので、出来れば定期的な掃除はした方が良いでしょう。

これらの汚れを一気に取ろうとしても中々取れない事も多いものです。ならば、簡単な方法を探して季節の変わり目等にコツコツ掃除をした方が汚れは簡単に落ちるのです。

簡単に出来るラクラク網戸の掃除方法に必要なアイテムを準備する

網戸掃除をいざ行おうとする時、どんなものを用意したらよいか物凄く迷ってしまいます。ぱっと思うつくのはどんなものですか?

網目が細かいから使い古しのハブラシやタワシの様なものをついつい想像をしてしまいます。網戸の掃除道具としては少しばかりのアイテムが必要です。

しかし、これはどれもホームセンター等で手に入る物ばかりです。ではここに必要な物をご紹介していきます。

1.重曹(これはクリーナーとして使用します。)
2.メラミンスポンジ(100円ショップにもよく置いている万能なスポンジです。)
3.スプレーのボトル(空のスプレー型ボトルです。これも100円ショップにあります。)
4.使い捨てグローブや手袋(100円ショップにあります。)
5.掃除機(掃除後の細かな埃の吸い込みで使用します。)
6.いらない新聞紙等(洗剤をスプレーで吹きかける時に下に敷く為に使用します。)

掃除に必要なアイテムは、品ぞろえの良い大型の100円ショップであれば全て揃える事は可能です。

季節の変わり目にラクラク行える網戸の掃除方法の解説

では具体的に、簡単に手に入るアイテムでの網戸掃除の仕方をご説明していきたいと思います。

1.まず、網戸掃除に必要な自家製の掃除用クリーナーを作ります。ぬるま湯を200cc準備し、その中に小さじスプーンに1杯の重曹を入れてよくまぜて重曹水を作りましょう。

2.床に新聞紙を敷き詰めて、外した網戸にスプレーに入れた重曹水をまんべんなく吹き付けます。そしてそのまましばらく放置します。

3.メラミンスポンジを掃除をしやすい大きさにカットして網戸の上から下に向かって軽く汚れを落とす様にこすりながら拭いていきます。片側が終わったら、もう片面を同じ様に掃除をします。

4.少し時間を置きます。そして乾いてきたら掃除機でその汚れを吸い取ります。これで終了です。意外に簡単に綺麗になりますよ。

もう1つ、これは更に簡単な方法がありますので、ご紹介をします。この方法はとてもエコロジーでとても環境にも優しい方法でおすすめです。使い古しのストッキングやタイツ、衣類の布きれ等があれば用意します。

一番汚れが落ちるのはストッキングです。まず、ストッキングの中にいらない布やいらない靴下等を入れて丸めます。

この丸めたストッキングに洗剤は何もつけません。ストッキングから発生する静電気を使用して汚れを付着させて掃除をするからです。この様に案外網戸掃除は手軽に出来るので、なるべく回数を行う様にして清潔で快適な暮らしを目指しましょう。